ハウスメーカー[住宅メーカー]比較

トップページ
特別情報
ハウスメーカー比較検討法
電話相談60分無料
家づくりの秘策公開メルマガ
ハウスメーカー診断
ハウスナビ・システムとは
ハウスナビのできること
よくある質問
利用したお客様の声
サポートメニュー
家づくり最適化マッチング 
欠陥住宅防止 施工チェック
会社案内
会社概要
関のプロフィール
お問い合せ
ハウスメーカー 一覧・評判
ハウスメーカー(住宅メーカー) 比較 選システムび ハウスナビ
ハウスメーカー(住宅メーカー) 工務店 建築家 比較 選び ハウスナビ システム 

プロフィール

群馬県沼田市出身。現在は埼玉県川口市在住。

陸上自衛隊に行きながら、大学(二部)を卒業後、ハウスメーカー、工務店、              
       大手デベロッパー、住宅プロデュース会社役員などを経て独立。

       業務経験は専用住宅・共同住宅の新築(RC造・鉄骨造・2×4・木造軸組)
       リフォーム・リノベーション等の営業・コーディネート。(住宅業界17年)


自身でも15年前に、自宅併用のRC造6階建てマンション(10世帯)を建設。
       マンション経営も様々な苦労を経験しながら今年で15年目。


「住宅を提供する立場」、と「自分が建てる立場」の両方を自ら経験する事で
       「ユーザーが常に弱者の立場」にいる、今の住宅業界はおかしい!と痛感。
       
       そこで、10年以上あたためてきた構想である、「ユーザーの側にたった
       家づくりサポート」事業をやろう、と2005年5月ハウスナビ・システムを設立。


家族は、妻一人と犬(パピヨンのオス)2匹

米国心理学NLP(TM)協会認定NLP(TM)プラクティショナー
        住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
        福祉住環境コーディネーター
        測量士補


【今まで行ってきた具体的な事例】

 ●事例 1 『10年20年先まで見越した、二世帯住宅の建築』

  【相談内容】
  駅近に親が更地の土地を所有、親の面倒もみたいのでその土地に二世帯住宅を建てたい。
  ご主人の母親なので、適度な距離感で生活するにはどのような二世帯住宅にすればいい?

  【結果】
  当初は、親世帯と子世帯で完全分離だが、親が亡くなった後はアパートとして貸す方向に。
  賃貸住宅建築の経験豊富な、地場の工務店を複数社セット。
  建物内で行き来できるようにして、子世帯とのふれあいや後年の介護の不安を解消した。
  アパートでの家賃収入で、住宅ローンや教育資金をカバーできるお金を生む住宅が実現。
   

 ●事例 2 『建築条件なしの土地を購入し、こだわりの住宅を建てる』

  【相談内容】
  理想に近い土地が見つかったので、納得のハウスメーカーで建てたい。
  でも、不動産会社から複数のハウスメーカーのプランが送られてきて営業され困っている。

  【結果】
  土地を購入した不動産会社からの、住宅会社紹介攻勢がしつこかったが当方が一切排除。
  限られた期間内でハウスメーカーを徹底比較し、心から満足できる家を予算内で建てられた。
  当初見積り提出額から、最終的には15%のコストダウンに成功。


 ●事例 3 『期間制限のある区画整理地内の、二世帯住宅の建築』

  【相談内容】
  換地先・予算も確定したが、計画期間が短く気に入った工務店が探せるか心配。
  希望としては、地域密着の工務店で高気密・高断熱の家を建てたい。

  【結果】
  外断熱が得意な地元工務店を3社セット、通常なら時間がかかる工務店の家づくりだが
  ほぼ期間内に完成入居。土地区画整理事務所への、期間延長交渉ポイントも伝授。
  息子さんが一人奮闘していたので、大変心強く感じていただけたようです。


 ●事例 4 『ローコストメーカーより20%安くなった、事務所併用住宅の建替え』

  【相談内容】
  ローコストメーカーで見積もりを取ったら、予算を700万上回る見積りがでてきてしまった。
  営業マンのスキルも低く、プランの提案もいま一つ、予算内で建てるのは無理なのですか。

  【結果】
  当方で仕切り直しを行い、地域密着の中堅ハウスメーカー3社をセット。
  同条件の要望書をもとに、各社提案をしてもらう。結果、某ローコストメーカーをはるかに
  上回る仕様なうえ、当初の予算内でおさめることができた。20%のコストダウンを実現。
  ローコストメーカーのやり口の巧妙さに、お客様も怒っておりました。
 

 ●事例 5 『私的年金を生みだす、アパート併用住宅の建築』

  【相談内容】
  一人住まいのおばあちゃん、段差が多い古家を快適に過ごせる家に建て替えたい。
  でも、近所に住む子世帯との同居の誘いがあったが、住み慣れたこの地を離れたくないので、
  子世帯にも安心してもらえる家をどのように建てればいいのかわからない。

  【結果】
  1階をバリアフリーに特化した建築家をコーディネートし、車イスでも生活できるように計画。
  2階は、地域ニーズを考えディンクスにターゲットを絞った1LDK×ロフトの賃貸住宅にし、
  家賃収入を、おばあちゃんの私的年金として使えるようにした。
  ゆくゆくは、1階もバリアフリーに特化した賃貸住宅として活用が可能。(高額家賃設定も)


 ●事例 6 『古アパートを全面改修し、家賃収入のある若夫婦の住まいを実現』

  【要望】
  親所有の古アパートを、賃貸住まいの子世帯夫婦が快適に住める住宅にしたい。

  【結果】
  構造躯体は診断の結果、補強すれば使用できることがわかったので、骨組みを残し
  すべて解体し刷新することに。リフォーム実績のある地元優良工務店を複数社セット。
  結果、予算内ですべての要望を満たすことができ、1階を若夫婦が住める2DKにし、
  2階の風呂なしアパート4世帯をユニットシャワー付の単世帯用ワンルームに全面改装。
  家賃収入も当初より1.5倍アップに成功。(事前に地域ニーズ考慮し、完成即入居)


ハウスメーカー(住宅メーカー) 工務店 建築家 比較 選び ハウスナビ システム ユーザー

COPYRIGHT(C)2005-2014 ハウスメーカー|住宅メーカー|比較|評判 ALL RIGHTS RESERVED.